胃カメラごっくん体験記なんですが・・・。

いやあ、やって来ましたよ。胃カメラ!
人生初ですよ、胃カメラ!
どうして胃カメラかっていうと、なんか仕事が忙しすぎたのか、軽いうつ病みたいになっちゃったんですよね。
仕事中に急に涙が出てきちゃって、泣き出しちゃうもんだから職場の人たちがびっくりして、
「とりあえず帰れ!というか病院行け!」
と言うので行ってきたわけです。

大きい病院の方がいいだろうと思って、大学病院に行きました。
それで最初、心療内科を受診してみたんですよね。
問診票、っていうんですかね、アンケートみたいなのを最初に記入したんですが、
「これヤバいだろ」っていう項目にどんどん○がついていく。

「ああ、自分って病んでるんだなあ」ってそこで実感しましたね(笑)
それから待った後、心療内科の先生とご対面。
こういう経験って初めてだったんですが、心療内科の先生って話を「ウンウン」って聞いてくれて、優しい感じなんですね。
苦しい身の上を、たっぷり話してきましたよ(笑)

それで、内臓の不調を訴えたのが良くなかったのか、胃の面膜が荒れている可能性がありますから、見てみましょうということになって。
それで胃カメラを飲むハメになったわけですね〜(涙)
いやあ、人生初の胃カメラ。
一言で言うとしたら、あれは「おしおき」ですね!
いくら喉に麻酔してるとはいえ、カメラを飲むって、無茶だって!
なかなか喉を通るまでが大変だったんですが、通ったら通ったで、喉から内臓の方まで、ゴムホースみたいな管が入っていく感じ!
あれはねぇ、マジで苦しかったっす!
本当にねぇ、もう涙は出るわ、ゲップは出るわ、「早く終わってくれぇ〜!」って感じでした。
そして医者の一言。
「特に異常ないですね!(キリッ)(`・∀・´)」

おいおい!
異常あったらあったで嫌だけど、別に飲まなくても良かったっていうか!
胃カメラ飲み損じゃないですか!

でも傍にいたすごくキレイな病院薬剤師さんが、
「苦しいそうですね。今日は自宅でゆっくり養生して下さいね~」
あ~、救われた(笑)
女性薬剤師ってどうしてあんなに知的できれいなんでしょう??
東京の病院薬剤師の求人はこのサイトがいいみたいですよ!⇒薬剤師求人|東京で条件のよい病院の探し方【※私の転職体験談】

まあこれに懲りて、もう二度と胃カメラは飲みたくないですね。
胃カメラなんて、飲まないに越したことはないです!
皆さんも健康にはくれぐれも気をつけて、仕事はほどほどに、テキトーに!がんばりましょう。